スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

『クローバー』 


クローバー (角川文庫)クローバー (角川文庫)
(2011/01/25)
島本 理生

商品詳細を見る


島本さんといえば『ナラタージュ』が大好きだったけど
最近ご無沙汰していて、店頭で文庫になっていたこちらを久々に購入。

静岡から上京して、別々の大学に通う男女の双子。
ワガママで自分の思うがままに突き進む華子と、
その華子に振り回される、ちょっとさえない理系草食男子の冬治。

華子に一目ぼれしてストーカーなみに迫り続け、でもどこか憎めない熊野、
冬治の大学のクラスメイトでちょっと野暮ったい雪村さん。
この4人の、悩みつつも一生懸命に毎日を生きる姿が鮮やかに描かれていた。

はじめは華子のフォローばかりさせられていた冬治も、
いつからか華子からアドバイスをもらっていたりと、二人の関係も徐々に変化していく。
この双子の関係が読んでいてとても好印象でした。

たまに訪れる、小説読みたいモードな今日この頃です(笑)
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://skybright.blog39.fc2.com/tb.php/478-2c61702f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。