スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

『家日和』 


家日和 (集英社文庫)家日和 (集英社文庫)
(2010/05/20)
奥田 英朗

商品詳細を見る


こちらもハードカバーで読んで面白かったので、文庫化されて再読。
奥田さんの短編集といえば、『マドンナ』と『ガール』が面白くて好きです。
この『家日和』は、ある家族や夫婦の「家」での話。

「サニーデイ」:子供と夫になかなか相手にされない主婦がネットオークションにはまって…
「ここが青山」:勤めていた会社が倒産し、主夫になったサラリーマンが見つけた新しい世界。
「家においでよ」:妻に出て行かれた夫。インテリアを徹底的に自分好みに変えて…
「グレープフルーツ・モンスター」:内職をする主婦のもとに週1回訪問する営業マン…
「夫とカーテン」:突然カーテン屋さんを開業する夫に妻は…
「妻と玄米御飯」:ロハスにはまる妻を冷やかな目で見ていた夫は…

どの話も最後はほっとするような結末で、それぞれの家庭の事情をのぞいている感じが面白い。
ユーモアもあって、読みやすくて、奥田さんはこの手の短編がすごく上手だと思う。
上記の『ガール』『マドンナ』と合わせておすすめ!!
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://skybright.blog39.fc2.com/tb.php/354-e9e269d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。