スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

『ほかならぬ人へ』 

ほかならぬ人へほかならぬ人へ
(2009/10/27)
白石一文

商品詳細を見る

ついこの前、直木賞を受賞した作品。装丁もアートな感じで素敵ですね~!

今日は午後から本社に行く用事があって、往復の電車の中で読もう!意気込んで買ったら、あまりの作品の素晴らしさにのめりこんでしまって、ついには今日乗っていた電車の中で1冊読んでしまいました。。。

良家の三男として生まれた明生は、その家柄の良さがコンプレックスとなり、家族とも距離をおいて、キャバクラで知り合ったなずなと結婚する。しかし、二人の結婚生活にも亀裂が入り始める…。なずなには忘れなれない人がいて、明生はなずなのことを職場の女性の上司、東海さんに相談するうちに、しだいに東海さんの人柄に惹かれていく。。。

ラストは泣けました。

帯のコピー、「愛すべき真の相手はどこにいるのだろう?」がこの本のテーマ。
男が主人公で、こういうちゃんとした恋愛ものを書く男性作家って意外に少ない。
(他には吉田修一さんとかかな?吉田さんの本も好き~!)
辻仁成もそうだけど、主人公の男があまりにも繊細過ぎて今の自分にはちょっと合わない感じ。
白石一文さん、かなりハマりそうな感じです。
さっそくもう1冊、『どれくらいの愛情』を仕事帰りに買いました(笑)

個人的には、島本理生『ナラタージュ』以来の、大満足の恋愛小説でした!!!
白石さんの『ほかならぬ人へ』、かなりお薦めの1冊です。
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://skybright.blog39.fc2.com/tb.php/263-c70d461a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。