スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

終末のフール 

夏の文庫シリーズの締めに読んだのはこの本。

『終末のフール』 伊坂幸太郎
fool
「8年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから5年が過ぎた頃」という設定で、仙台市郊外のとある団地に住む住人達を描いた作品集。つまりあと3年で地球が滅亡するというときに、人々は何を考えながら生きるか。それぞれの物語に登場する人物は、いろんな問題を抱えているんだけど、最後には少しだけほっとするような結末で、でも決してイージーなハッピーエンドでもなく、その具合が絶妙でうまい!自分がこんな状況に立たされたとき、どんなことを考えるんだろう?まったく想像つかないけど、でもやっぱり希望は持っていたいなと思いました。お薦めの1冊です~!
スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://skybright.blog39.fc2.com/tb.php/142-ec7f03cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。